clissのまったりモンハン日記☆

まったりペースのMH日記です♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鮫隊長と私 前篇

こんにちは、clissです!アイルー2







週末、もうひとつ大事なことがあったのを忘れてました!

以下、回想録風にしてあります。

長くなりそうなので,とりあえず前半だけw

























あれは私が街へ来て間もない頃のことだった。




「誰でも歓迎」と書かれた広場へ出向くと

そこには私と同程度の、まだ当時はロックラックに不慣れな

ハンターたちが集まっていた。




10人はいただろうか。

そこは確かなにぎわいを見せていた。






どどん



どどん







次々と貼られていくクエスト。

それを無言で受注する駆け出しハンターたち。

もちろんその中に私も含まれていた。





「よろ」
「よろ」
「よろろ」




「おつ」
「おつ~」
「おつっす」







交わされる言葉もどこか味気なかった。

みな、多くを語ろうとはせず、ただひたすらに

目の前の獰猛な生き物たちを狩ることだけに集中していた。






そんな中であった。

その男に出会ったのは。







衝撃。







そう、まさにその言葉が当てはまる。






皆が腕力を競い合う酒樽の横で

その男は静かに佇んでいた。












大きな鮫を背負って。












ざわざわ・・・ざわざわ・・・





寡黙なハンター達も、黙ってはいられなかった。






みな、その鮫を持った男に近寄り






あるものはその力量を称え賞賛の拍手を

またあるものは鮫を指差し

あるものは驚きのあまり、踊りだし我を忘れていた。






私は勇気を出してその男に問いかけた。






「それはどうすれば手に入るんですか?」





男はしばしの沈黙ののち、こう答えた。





「イベントだよ」







イベント・・・

それは当時の私にとっては、経験のない未知の世界であった。







ましてや、あの鮫を手に入れるためには

衣服を脱ぎ捨てなければいけないという。






丸裸で鮫の檻に投げ込まれる恐怖。

解き放たれる飢えた猛獣。

数々の困難を乗り越えて、彼は生還したのだった。







「隊長と呼ばせて下さい」






あるハンターがこう言った。





「隊長だ!」
「隊長!」
「鮫隊長!!」





みな、口々に彼の名を叫んだ。

いや、実際には彼の本当の名前は知らないのだ。






彼の通り名はケムコ。

鮫のケムコ。

人呼んで鮫隊長。







あの日をきっかけにして、私は彼と知り合うこととなった。




*********






しばらく経ったある日・・・


私は思い立って、彼の元へと顔を出した。







彼は、もはやアイデンティティーとも言える、

あの物々しい槍を背負って

その日も、いつもと変わらぬ様子で街にいた。










しかし、その日のロックラックはいつもと違っていた。








イビルジョー・・・








全てを喰い尽す強暴な獣。

並のハンターなら、その牙にかかれば一瞬で死を迎えるという・・・





あまりの危険さに、

普段は超一流のハンターのみにしか

狩猟を許されていない。






しかし、その日は違った。






「イビルジョーを捕まえたものには賞金を出す」

「ハンターランクが31以上の者には受注の資格を与える」






街の大きな掲示板には、確かにそう書いてあった。

マガジン社から特別の依頼が入ったのだ。







それを横目に見ながら、隊長はこう呟いた。







「鮫でも行けるかな?」











私は耳を疑った。

この男は正気か?









たしかに鮫は切れ味に優れる。

しかし、あの強大な敵に立ち向かうには

あまりに無謀に思われた。







ましてや当時の私の防具など。

おそらくジョーの牙にかかれば

その刃は胸当てなど容易に貫通し、肉まで達するだろう。








動揺する私を前に、彼はこう言った。







「喰らわなければ大丈夫」







そして無言でカウンターへ行き、手続きを取る隊長。

私はそれに従うしかなかった・・








後半へ続くw






cliss
スポンサーサイト

| 狩猟記録(MH3) | 06:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

堕天使クリス様

始めに断っておきますが、私、コメントで、エロいと迷言してませんからね(笑)

「クリスさん、ER(ry」 は、「クリスさん、偉い」かも知れませんし。
どうとるかは読み手次第~
(^3^)<ぷひゅ~

さて、本題ですが、後半は除隊の危機、降格、和解、そして伝説へ、と続くわけですね。wktkがとまりません!

| カイン | 2009/12/07 21:02 | URL | ≫ EDIT

いやw

なんか私、ハメられてる構図になってますけどww
そうかERね、emergency room(救急外来)かなっ

いや・・・絶対えrいって意味で使ってる気がするw

後半はどうなるんでしょう?w
とりあえず、書くだけの暇がありません><
また暇を見て更新させていただきます☆
そして伝説へ・・・ww それはどうかしらww

| cliss | 2009/12/08 01:42 | URL | ≫ EDIT

そして伝説へ・・w

まさかの前後編と言う展開に隊長も驚きを隠せないぞw
でも、クリスさんとの出会いはそうでしたね^^
後編は奴との再戦の約束を果たすため、地獄の底から
舞い戻った隊長だったが…彼の堕落した姿に(えrい意味で)
やむなく除隊処分と言った展開なのだろうかw
後編も楽しみにしてますww

| 鮫隊長ケム子 | 2009/12/08 17:33 | URL |

おぉ隊長w

前後篇でおさまらず、三部作になりそうですww

堕落って!w あれ濡れ衣なんですよー><w
もはやネタのようにして普段からいじられるので
いまさら否定しても信じてもらえなさそうですがねっ!^^;

文面には多少事実と異なるところもあるかもしれませんがっ
ご容赦くださいww

| cliss | 2009/12/09 00:58 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cliss.blog69.fc2.com/tb.php/37-42352714

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。